MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.74


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.74に登場していただいたのは、企業の情報セキュリティのサポートを手がけられ、フリーランスのシステムエンジニアとしても活動されている斎藤さまです。

30代になってからIT業界に飛び込まれたという斎藤さまに、MACHIKOの使い心地、夜型生活から朝型生活へのシフトによる時間の有効活用などについてうかがいました。


お肌のお手入れには、あまり多くのアイテムを使いません。最初はがんばれても、結局長続きしないので。MACHIKOは、たとえば香りにしても余計な感じがまったくなくて、シンプルなところがいいですね。MACHIKOモイスチュアエッセンスは、お肌にやさしい感じがします。素肌につけるものなので、やはりつけ心地が大切だと思います。

 身体の中がきれいで、健康でなければ、美容の効果も出ないと思っています。そこで、 1、2カ月に一度、5日間のファスティングをしたり、デトックスウォーターを飲んだり、意識的にお肌に良いものを取り入れて、悪い物を排出するようにしています。とくに、ミント、キウイ、レモン入りのデトックスウォーターは簡単につくれて、飲みやすいのでオススメです。

「そうなりたい」の連続がキャリアアップに
忙しくても、やりたいことをあきらめないでほしい

プログラマーのスキルにあこがれて、30代でIT業界に飛び込みました。プログラマーになってみたら、もっとお客さまに近いところで仕事をしたくなり、SE(システムエンジニア)に。どの職場にも、高いスキルを持っている人、尊敬できる人がいるもので、「すごいな」で終わらずに「そうなりたい」と思い続けることがキャリアアップにつながったと思います。その後、企業の内部統制やIMSM(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格取得をサポートする仕事を経て、教育事業やシステム構築、Web製作などを行っています。

 やりたいと思ったらやらないと気の済まない性分で、つらいとは思いませんが時間と体力がもたなくなってきて、生活をシンプルにし、朝型にシフトしました。夜は癒やしの時間、朝は勉強などタスクを集中させる時間と決めることで、生活にメリハリが出て、写真撮影の勉強会など「朝活」を主宰するという新たな世界も開けました。これからも、忙しい人が夢ややりたいことに向かっていけるように、微力ながら活動していきたいと思っています。

プロフィール:

セリシール代表
秋田県出身。フリーランスでシステムエンジニアを行う傍ら企業のセキュリティをサポートする。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。



*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから







●○スタッフより●○
色白で、爽やかな笑顔、秋田美人とはまさに斎藤さまのような女性のことを指すのでしょう。ふんわりとした柔らかなピンクのブラウスがお似合いで、儚げな雰囲気が素敵な斎藤さまですが、お話しを伺っていると…意外とかなりストイックなご様子?思わず「ストイックですね!」と言ってしまいましたが、爽やかな笑顔で「よく言われます」とのお返事でした。ゆっくり睡眠時間がとれないことも多々あるそうですが、全くそう感じさせないのは、日頃からお食事に気を遣い朝型の生活を心掛けていらっしゃるからなのかなと思いました。「次はこうなりたい」と思い、次々と「なりたい自分」を実現されてきた斎藤さま。「何かやりながらも次に目が向いていて、常に情報収集をしているから見つけられるんだと思います。」とその秘訣を教えてくださいました。


ケ・セラ・セラ ブログサイト (http://yoko711.com/

eLOVE PHOTO 写真好きのためのフォトサークル ウェブサイト (http://elovephoto.com/

<< 輝く女性たちVol.75 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.73 >>