MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.54


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.54に登場していただいたのは、エクサスコーポレーションの代表取締役としてメディカルハーブのスクールやサロンで、また香りに関する企業とのコラボレーションでもご活躍されている大工原さまです。

元準ミスワールド日本代表とあって大変スリムな大工原さま、見た目にはわかりませんが、シワやシミが気になってきたそうです。MACHIKOモイスチュアソープの使い心地、そして本場フランスで勉強されたアロマテラピーなどについてお聞きしました。


洗顔がきちんとできていないと、お肌はきれいになりません。もともとソープ派なのですが、MACHIKOモイスチュアソープは、とても感触がいいですね。とくに洗い終わった後、すっきり汚れが落ちるのに、突っ張らずしっとりするところがとても気に入っています。泡の質も良いので、しばらく顔にのせたままの「泡パック」もしています。

また、MACHIKOナイトジェルパックは翌日にお肌がふっくらして、化粧のりも良くなります。フランスへの出張時には、乾燥対策のアイテムとして重宝しています。お肌で気になることがあると、化粧水にアロマの精油を垂らしています。エイジングケアには、お肌の弾力回復、収斂の作用があり、女性ホルモンのバランスに作用して身体のリズムも整えてくれるダマスクスローズがおすすめです。香りも素敵で、自然と幸せな気持ちになれますよ。


西洋医学では対応できない心身の不調やトラブル
アロマは自然の力で本来のバランスに整えていく

アロマには、香りでリラックスするというイメージが強いようですが、それはアロマの効能の一面でしかありません。例えば、アロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)には1本の中に香りをつくる芳香分子が約200種類ほど含まれているものも有り、それぞれに異なる作用があります。また、自然由来のものであるため、薬剤と違って耐性菌が出現しにくいというのも特徴です。ですから、O157など菌による下痢も効果が期待出来、抗ウィルス作用のある精油を焚くことで型を問わずインフルエンザの感染や蔓延が防げたりします。

モデルをしていた私がアロマテラピーの道に進んだきっかけは、知らぬ間にかかっていた病気でした。免疫が落ちた時に空気中にある常在菌が肺に入り込んで感染し、肺の機能が低下してしまったんです。この非結核性抗酸菌症にはまだ治療薬がなく、最も強い抗生物質である結核の薬を2年ほど飲み続けましたが、あまり効果はありませんでした。病気がわかったのは、ちょうどメディカルアロマを学んでいた時で、それなら自分でできることをやってみようと、結核に効果がある3つの精油のブレンドをカプセルで飲み始めたんです。3カ月に一度のCT検査では肺の影が次第に小さくなっていき、基礎体温を上げて免疫力が回復した影響もあったと思いますが、体調もすっかり良くなりました。先日、数年ぶりに検査に出向いたところ、肺の状態はさらに良くなっていて、先生もメディカルアロマに興味を持たれたようです。

本場フランスで学んだ知識、高品質の精油を活かして
アロマとハーブの専門家として全国の女性の力になりたい

精油の成分分析や治療目的の研究が進められ、臨床データも豊富なフランスでは、メディカルアロマテラピーが健康保険が適用される医療の一選択肢となっています。精油は専門の勉強をした薬剤師さんが薬局で調合・販売していて、飲む、塗るほか、座薬としても用いられています。そのフランスで本格的にメディカルアロマテラピーを学び、帰国後にアロマテラピースクールを開設しました。また、一人でも多くの方が健康な毎日を送れるように、プライベートサロンでのカウンセリングやフランス直輸入の精油の販売も手がけています。この精油は、ロットごとに成分の分析データが公表され、病院や調剤薬局にも卸されているメディカルグレードのもので、安心してご利用いただけます。

日本ではアロマテラピーの認知度がまだ低く、薬事法があって代替療法としての展開がまだ難しいのが現状です。そこで、メディカルアロマを知ってもらうために、芳香をテーマにした企画やイベントも積極的に手がけています。例えば全国に教室をもつ英会話スクールには、集中力がアップする、不安を取り除くなど毎月テーマを変えたアロマをご提供しています。また、ゴルファー向けの虫よけや花粉症対策アロマスプレー、肩こり用アロマオイルなど幅広い分野で製品の企画・開発も手がけています。将来的には、全国の心身の不調で悩んでいる女性にメディカルアロマとメディカルハーブの両方で応えてあげられる、フランスの薬局のようなサロンを作りたいと思っています。


プロフィール:

97年度準ミスワールド日本代表モデル、キャスター、女優、タレントとして活動後、メディカルアロマを学び、インストラクターの資格を取得。本場の医療アロマ を学ぶため渡仏。
帰国後、メディカルなアロマテラピーを主とした株式会社エクサスコーポレーション設立。現在、芳香産業全般に貢献。

資格
ナードジャパンアロマアドバイザー
ナードジャパンアロマインストラクター
ナードジャパンアロマセラピスト
ホームヘルパー2級
ジャパンメディカルハーブ協会ハーバルセラピスト
ジャパンメディカルハーブ協会ハーバルプラクティショナー
日本プリザーブドアーティスト協会認定講師


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから




●○スタッフより●○

元準ミスワールド日本代表で、数々のキャスターやモデルを務められた大工原さま、撮影中も次々とモデルポーズを決めてくださりました。大工原さんの、まっすぐで真摯、それでいて海外の方を彷彿させるようなソフトで茶色い瞳から放たれる目力がとにかく印象的でした!メディカルハーブに対する強い気持ちもさることながら、某有名企業とのコラボレーション企画のお話もとても面白く、ユニークな発想力も素晴らしいなと思いました。
インタビューでは、MACHIKO(まちこ)スキンケアの、泡の質感のよさと、翌朝の化粧ノリについても語ってくださりました。動画では、MACHIKOモイスチュアソープを使った大工原さん流の泡パック方法を伝授いただきました!後日フェイスブックで配信いたしますので、ぜひチェックくださいね♪

株式会社エクサスコーポレーション(http://www.aroma.cx/
大工原忍オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/shinobu-aroma/

<<輝く女性たちVol.55 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.53 >>