MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.50


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.50に登場していただいたのは、接遇マナーコンサルタントとして企業や教育機関でのセミナー、講演でご活躍されている鈴木さまです。

鈴木さまは、とくにMACHIKOモイスチュアソープの泡の感触が気に入られているそうです。MACHIKOの使用感、そして接遇マナーの講師になられた経緯、マナー習得によって得られるものなどについてお聞きしました。


乾燥肌で、年齢的にもシワやシミが気になってきました。お肌がもつ本来の力を信じているので、お肌をあまり甘やかしすぎないシンプルなエイジングケアを心がけています。MACHIKOモイスチュアソープを最初に使ったときは、「この泡はいったい何?!」と驚きました。クリームのように繊細でキメ細かい泡、言葉でたとえることのできない初めての感触、あえて言うなら“マシュマロ・シルキー"でしょうか。弾力もあってもっちりしっとり、そのリッチな質感と軽さが絶妙なバランスだと思います。

MACHIKOモイスチュアエッセンスも、保湿効果がとても高くて、キメが整ってきたせいかお肌の質感が見違えてきました。香りも自然で心地よく、ステップが少ない点も楽で助かります。毎日無理なく使い続けられるアイテムとして、これから永いおつき合いになりそうです。


「夢や目標に向かう人を応援したい
全国の企業・教育機関で研修や就職マナー講座に登壇」

講師としてのスタートは、エアラインスクールの専任教官でした。元々はエアラインへの就職を目指す学生のクラスの担当でしたが、スクールには企業研修を手がける部門があり、研修講師としても活動するようになりました。その後、大手企業で新卒採用面接官も経験し、現在は企業研修、全国の高校や大学での就職マナー講座に登壇し、女性のためのマナーレッスンやカラーセミナーも主催しています。これまで200社を超える企業・団体、150校を超える高校・大学へ伺わせていただき、2014年は約140回の講演やセミナーがあり日本中を回りました。

客室乗務員として後輩の指導にあたるようになった頃から、将来は人を育てる仕事をと思っていました。私自身、もともと人前に出るのは苦手でしたし、客室乗務員もエアラインスクールの教官も、なるまでには悩み、十分な準備を重ねました。そうした経験から、スクールで新科の受験指導を任された時には、ノウハウを教えるだけでなく、まず学生たちとコミュニケーションをとることを心掛けました。そして、心の中にある不安要素を共有し、さらに自分の良さに気づけるようなお手伝いをしました。その時は、まるで宝石の原石がキラキラと輝き出す瞬間のように学生たちのモチベーションが上がっていく様子を目の当たりにしました。すると合格率も飛躍的に伸びたのです。このとき、自分が人に影響を与え、役に立てる喜び、人と向き合うことの大切さを痛感しました。講師の役割は知識やスキルを教え込むのではなく、根気強く伝え続け、ご本人に気づきのきっかけを提供すること。こうした交流から私の方が感動したり、元気やパワーを頂いたりと学ぶことの多い毎日です。

「気づく、意識することが変化の原点
女性磨きのための独自メニューのレッスンも」

今の社会において、組織人として求められるヒューマンスキルのレベルは高まっていて、新入社員や若手社員ばかりでなく、リーダーや管理職を対象とした研修のニーズも増えています。企業研修では、先様のご要望をしっかりキャッチし、実際に現場の状況を拝見したうえで結果を出せる研修メニューを提案させていただきます。研修後に、受講者の皆さまの心に何か温かい余韻が残り、前向きな気持ちになっていただけるように心がけています。マナーの本質に触れ、新たに何かを意識するようになると、自信と謙虚さが生まれ、周囲との関係にもより良い影響が及びます。さらには仕事で能力を発揮する原動力ともなります。

ビジネスマナーは、お辞儀の仕方などの態度、言葉遣い、お茶の出し方/頂き方、など色々ありますが、一言で言えば“目に見えない心を目に見える行動に表すこと"です。例えば、「いつもお世話になっております」という言い回しは、感謝の気持ちの表現ですので、言葉だけでなく心を込めて使うことが肝要ですね。また、女性の場合、洗練された立ち振る舞いや話し方は印象や魅力に大きな影響を与えます。女性磨きのマナーレッスンでは、皆さまが本来持っている魅力を発揮できるように、ご自分に似合う色を知るパーソナルカラー診断や、今の自分を知り、なりたい自分をヴィジュアル化するイメージマップの作成、好感を与えるメイクなどもお伝えしています。

プライベートでは裏千家茶道のお稽古、客室乗務員のネットワークCANの立ち上げなど、面白そうと興味が湧いた活動にいそしむことで自分の可能性が広がるのを感じています。これからも、すべての体験を楽しんで、ご縁をいただいた皆さまがその方らしく幸せに輝けるお手伝いをしていきたいと思っています。


プロフィール:

元国内航空会社チーフパーサー客室乗務員。退職後、エアラインスクールの教官となり、多くの学生をエアライン・ホスピタリティ業界へ送り出す。複数の大学で非常勤講師として勤務。現在は研修講師として多くの企業や教育機関に赴いている。全国の高校・大学において就職マナー講座への登壇も多数。女性のための自分磨きマナーレッスンやカラーセミナーも主催。裏千家茶道師範。日本カラーミーアシーズン社認定パーソナルカラーアナリスト。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから




●○スタッフより●○

洗練された感じが印象的な鈴木さんでした。「接遇」はいまや求められない場所はないといっても過言ではありません。ついつい忘れがちな感謝の気持ちに気づき、意識することで、自身の、ひいては組織全体の印象を大きく変えるのだと改めて感じました。
授業や講座では、可能な限り一人ひとりの気持ちやモチベーションを配慮して登壇されているとのこと。鈴木さんの暖かさと、仕事に対する真摯な思いが伝わりました。ぜひ弊社でもレッスンをお願いいたします!
MACHIKOモイスチュアエッセンスを使うようになってから、「お肌の資感が変わってきた!」をコメントくださいました。また、MACHIKOモイスチュアソープの初めてのキメ細かい泡の感動と驚きを、「この泡はいったい何!?」まるで「マシュマロ・シルキー!」と表現くださいました。ありがとうございます!

アーブルマナーサロン オフィシャルサイト
http://www.arbre-manners.jp/
鈴木雅子プライベートブログサイト
http://ameblo.jp/arbre-manners/

<< 輝く女性たちVol.52 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.49 >>