MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.46


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.46に登場していただいたのは、歯科医院経営コンサルタント、歯科医院のスタッフ教育を手がけるオフィスウエーブの代表としてご活躍されている澤泉さまです。

澤泉さまは、これまでとくに肌トラブルもなく、化粧品へのこだわりもあまりないそうです。今回、MACHIKOトライアルキットを出張中にご使用いただいたとのことで、その感想を伺いました。また、歯科業界に携わるようになったきっかけや、スタッフ教育で重視していることについてもお聞きしました。


食事では野菜と果物をたっぷり摂るようにしていますが、お肌のお手入れの方は最近ようやく日焼け止めを塗るようになったというくらい無頓着なんです。今回MACHIKOを使ってみて、初めて“しっとり”、"もっちり”という感覚を体験しました。

子どもの頃にプリマドンナを目指して始めたクラシックバレエを今も続けていて、これが私の心身の健康の基盤になっています。最近、体幹を鍛えるためにジョギングも始めたのですが、MACHIKOは5年後、10年後に向けて肌力を高めるものと伺い、バレエやジョギングに似ているなと思いました。使い心地も良かったので、使い続けてみようと思っています。







「競争が激化する歯科医院
経営の鍵を握るのは、顧客ではなくスタッフ」

現在、歯科医院は全国に約7万件、なんとコンビニエンスストアの約1.7倍もあります。開院、閉院が相次いで競争が激化し、歯科医院にもスキルや技術だけでなく、おもてなしの気持ちが求められています。
 経営者はとかく、CS(顧客満足)に気をとられがちですが、患者さんにとっての良い医院となるには、スタッフとの信頼関係、スタッフの協力が欠かせません。
 歯科医院のスタッフには、歯科医と歯科衛生士、そして歯科助手がいます。歯科助手に国家資格はありません。歯科助手の仕事内容は、受付や患者さんのカウンセリング、レセプト請求業務から院長秘書、新人教育と多岐にわたり、ともすると“雑用係”と見なされがちです。オフィスウエーブでは、そうした業務を一定水準以上のレベルでこなせるプロの歯科助手を育てています。歯科助手の能力とモチベーションが高まれば、歯科医や衛生士が本来の業務に専念でき、医院サービスの質も患者さんの評判も上がるからです。
 現在は、東京、大阪でのオープンセミナーの他、全国のクリニックへ出張セミナーやスタッフ育成のお手伝いを行なっております。また、 歯科助手による歯科助手のためのシンポジウム 「歯科助手サミット」などを開催し、2012年からは副院長を担える一流の歯科助手を育成する「日本歯科プロアシスタントスクール」も開校しています。

東京、大阪でのオープンセミナーの他、全国のクリニックへ出張セミナーやスタッフ育成のお手伝いをおこなっています。

「キラキラ輝く女性を育成して
長年お世話になった業界をサポートしたい」

起業して18年になりますが、当初手がけていたのはレセコン(診療報酬明細書を作成するコンピュータシステム)の販売でした。先生方との会話を通じて歯科医院の内情に詳しくなり、スタッフが仕事へのモチベーションを持てないと、本人にも医院にも業界にも損だなと感じるようになりました。私の歯科助手時代も、名前も覚えてもらえずトイレ掃除ばかりの暗い日々でスタートしましたが、その後気持ちを切り替えてトイレ掃除や靴並べなどに精を出し、それを患者さんから評価していただけたのが大きな糧となりました。その後、専門学校で教員を勤めて1500人の卒業生を歯科業界へ送り出し、レセコンメーカーではその会社初の女性営業マンになり、歯科業界のさまざまな職種や立場を経験しました。また、仕事を続けながら結婚、出産、離婚、育児も経験しました。そうした経験のすべてが、歯科業界の女性スタッフを応援するエネルギー、コンセプトに結実しています。

オフィスウエーブが目指しているのは“単に仕事ができる女性” ではなく、“このステージでキラキラ輝き、しあわせになること ”。スタッフ教育では、スキルだけでなく、チーム医療を支えるコミュニケーション能力、物の見方や考え方を重視しています。生きていること、仕事ができること、お給料がもらえることは”当たり前”と思いがちで、人と比べたり、“足りない”と感じるから不平や不満につながっていく。“与えていただいている” と考えられれば、感謝の気持ちが持て、満足感や向上心につながります。今後は、スタッフ教育に携わる仲間も増やしていき、一人でも多くの歯科助手に、さらに多くの歯科医院、多くの患者さんに幸せの輪を広げていきたいと思っています。


プロフィール:

歯科助手として社会人をスタート。学校法人三幸学園(さんこうがくえん)に就職。クラス担任をはじめ、医療請求事務、秘書学や簿記学を担当。1500名の歯科助手を歯科業界に送り出す。その後、日本歯科助手協会の会長を務め、歯科助手の社会的地位向上のために精力的に活動を開始。30歳で独立開業。株式会社オフィスウエーヴを設立。女性視点を歯科経営に活かすコンサルタント活動を行う。コーチングやNLPを学び、デンタルスタッフ育成に活用。患者接遇マナーやコミュニケーションスキル講師として、デンタルスタッフ向けに全国で活発に講演を実施中。
著書
「患者さんに好かれるスタッフ習慣術55」
「歯科助手の上手な活用方法」
いづれも、クインテッセンス出版株式会社

*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。





●○スタッフより●○

株式会社オフィスウエーブ代表取締役として会社を牽引しながら、子育て、趣味のバレエとジョギングと、バランスをとりながら毎日を過ごされている澤泉さん。
多忙を極める毎日のはずなのに、キラキラと輝く雰囲気がとても素敵でした。インタビューの最後に 「秘訣」を質問してみました。その答えは、「根っこ磨き」とのこと。「根っこ磨き」とは、木に例えて、「外側だけでなく、思いやりの気持ちを持ち、人間性を磨き積み重ねていくこと」とお話くださいました。
ビジネスの世界も、人とのつながりが基盤。私も子育てと仕事の両立でついつい忘れがちな「根っこ磨き」の時間を、毎日寝る前にとってみたいと思いました。
外面磨きには、「5年後、10年後の素肌力を鍛えるMACHIKOを使い続けてみたいです!」と嬉しいコメントも寄せてくださいました。

株式会社オフィスウエーブ 公式ウェブサイト(http://www.office-wave.jp/
澤泉仲美子「愛されブログ」ブログサイト ~神楽坂で活躍する女社長の愛されブログ~
http://blog.livedoor.jp/nami33_wave/

<<番外編輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.45 >>