MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.45


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
Vol.45に登場していただいたのは、フラダンスのインストラクターとしてご活躍されている幸 カヘレラニさまです。

敏感・乾燥肌で、新しい製品にはなかなか手が出せないというカヘレラニさま、知人のお薦めで今回MACHIKOを初めてご使用になられたとのことで、その感想をお伺いしました。また、元タカラジェンヌのカヘレラニさまがフラダンスを始められたきっかけや、フラダンスの魅力についてもお聞きしました。


肌の色は白い方でシミやそばかすもあるのですが、美白化粧品はその成分が逆に肌の負担になる場合もあると聞いているので、美白ケアはとくにせず、保湿を心がけています。敏感肌で、一時は皮膚科の化粧水しか使えなかったこともあり、使う前は少し不安でしたが、MACHIKOでは何のトラブルも生じず、使い心地の良さが気に入りました。

とくにMACHIKOモイスチュアソープに驚きました。泡がとてもきめ細かくて、さっぱりするのに必要以上に油分を取らないようで、まったくつっぱり感がありません。身体と同じで、肌も“健康”なのが何より。朝鏡を見て「今朝もいい感じ」と思えると、いい一日が過ごせます。そういう意味で、MACHIKOにはお肌のハリ、そして自信を毎日もらえそうです。





「母の楽しそうな姿がきっかけ
フラダンスの魅力は“非日常性”」

宝塚を引退後にすぐ結婚し、子育てに忙しくしていた頃に母がフラダンスに夢中になり、その発表会を観に行ったのです。元々ダンスは好きなので興味も湧きましたし、人が踊っているのを見たら自分でも身体を動かしたくなって、早速習い始めました。家庭に入っていた私にとって、きれいな衣装を着て踊るのは、慌ただしい日常を離れて主役になった気分を味わえる一時となりました。フラダンスのゆるやかな腰の動きは、腰の周囲にいい筋肉がつくので腰痛防止になりますし、特徴的な美しい手の動きも華やかで楽しく、精神的にも身体にもいい効果があると思います。

フラダンスというとゆったりした音楽に合わせて踊るイメージがあるかもしれませんが、陽気な曲や、家族や友人、恋人に向けたラブソングもあって、何年習っていても次々に新しい発見があります。私の所属している「フラハラウ オカレイレフア」スタジオではフラダンスとタヒチアンダンスの両方を行なっているのですが、フラには「カヒコ(古典)」と「アウアナ(現代)」と2種類のダンスが、タヒチアンにはドラムのリズムだけで踊る「オテア」、フラのようにドレスで優雅に踊る「アパリマ」などの種類があります。また、ウリウリ(羽の付いたマラカス)やプイリ(縦に切れ目が入った竹棒)などの楽器を鳴らしながら踊る曲もあって、楽しさも千差万別です。

「教える側、教わる側の両方で
今後もフラダンスを追求していきたい」

入門して10年目にハワイで開催されたコンペティションに参加し、その後ハワイ大学のフラセミナーにも参加しました。ハワイでは、フラソングに出てくる山や景色を実際に目にすることができ、フラダンスへの思いが一層強くなりました。2010年には所属するスタジオの主宰者で、日本におけるフラダンスの先駆者の一人でもあるレフアとも子先生からハワイアンネームをいただきました。現在は、OLさんや学生さんが中心の夜のクラス、ヤングミセスの多い昼のクラス、フラ歴の長い方も多い中高年のクラス、初心者向けの入門クラスを担当しています。フラダンスは腰と膝の動きが重要で、ステップなどの基礎を身に付けるには時間がかかります。基礎も大事ですが、とくに最初のうちはフラの世界を楽しんでもらえるよう工夫しています。また、クラスによって生徒さんのレベルやカラーも異なるので、曲や出場するイベントをそれに合わせて選んでいます。

私のハワイアンネームにある「カヘレラニ」とは、ニイハウ島でしか取れない貴重な貝のことで、その貝で作られるレイは派手さはないけれど、とても味わいがあって、誰もがその虜になってしまうと言われています。フラダンスは今や生活の一部。インストラクターになっても、まだまだ教わること、学ぶことがたくさんあります。この大好きな名前に負けないように、味わいのある、魅力的なダンスが踊れるように精進を続け、大好きなフラダンスの楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。


プロフィール:

宝塚歌劇団星組出身(第66期生)1996年よりフラ ハラウ オ カレイレフア(主宰 レフアとも子)に入門。2005年にハワイ島ヒロで開催された「タヒチアンコンペティション」「タヒチ・フェテ・オブ・ヒロ」に参加し、グループアフロア第1位を獲得。2009年にハワイ大学ヒロ校にてフラセミナーに参加。その後、2010年にカレイレフア主宰レフアとも子先生から「幸 カヘレラニ 」のハワイアンネームを授与。現在、カレイレフア浅草スタジオ、青山スタジオにて生徒指導を行う。フラ、タヒチアンイベントにも多数出演中。

*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。






●○スタッフより●○

「非日常」を意識した生活習慣は脳を活性化するといわれております。慌ただしい「日常」を離れて独特な美しい動きに合わせて踊るフラダンス。忙しく流れる時間のなかで、幸カヘレラニさんに、心の余裕を感じるのは、フラダンスを通じて「非日常」を体験されていらっしゃるかもしれません。
素肌がとてもお綺麗で、自然体の笑顔が魅力的な幸カヘレラニさん。諸処の動作もとても優美で、大人の余裕を感じさせるエイジレスな雰囲気がとても素敵でした。
MACHIKOのエイジングケアはたった180秒。「時短」エイジングケアで手に入れた「自由時間」を使って、自分自身を「非日常」の世界にいざなってみるのも一考かもしれません。

<<輝く女性たちVol.46輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.44 >>