MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.11


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまを紹介する「輝く女性たち」。
Vol.11に登場していただいたのは、大手プラント建設会社に勤務されているキャリアウーマン、井上裕見子さまです。



会う度にお肌が若々しくきれいになる開発者の浅井さんを呼び止めて…

「最近、とても肌がきれいになられましたね? 何か特別なことをされているんですか?」といきなり浅井さんを引き留めて聞いたのは、打ち合わせの後のエレベータホールでした。実は、ずっと知りたくて仕方がなかったのです。浅井さんが見る見るきれいになった秘密を…。

浅井さんとは、翻訳の仕事で取引があり、以前から打ち合わせなどで、お会いすることがありました。歳が近くて親しみもあり、打ち合わせ後、エレベータを待つ間に立ち話をするのが常でしたが、あるときふと「印象が変わったな…」と気づきました。なんだか、肌が明るくなって、若返った感じでしたね。それから気になって気になって…(笑)。お会いするたび「なんでこんなに毛穴が締まっているんだろう…」、「なんでこんなにみずみずしいんだろう…」と密かに観察していました(笑)。

きれいになった理由は、ご自身で開発された化粧品と聞いた時は、心底びっくりしました。ちょうど、体調のバランスが悪く、肌の状態もあまり良いとは言えないときでしたので、「製造元といっしょにこだわり抜いて開発した」という話を聞き、ぜひ使ってみたいと思いました。

シンプルケアの化粧品で、満ち足りたのはMACHIKOがはじめてです

MACHIKOは、どの製品にも「驚き」があると思います。私は、クレンジング、ソープ、エッセンス、ナイトジェル、すべて使用していますが、はじめて使ったときの「びっくり」は、いまでも新鮮に記憶に残っています。

ソープは、泡立ちが良く、生クリームのように滑らかでモチモチの泡に驚かされました。泡がしっかりしているので、首や肩まで洗えますね。丁寧に洗うと、エッセンスのしみ込みも良いように感じます。

エッセンスの効果は、会社で実感しました。夏でも冬でも、だいたい午後になると、エアコンに負けてカサついてくるのですが、MACHIKOにしてからそれがなくなりました。「オールインワン」の化粧品を信用していなかった私が、はじめて「これだけでいいんだ」と実感できたのがMACHIKOです。

クレンジングジェルは、サッと伸ばすだけで、デリケートな目元のメイクもスルッと落ちるのがいいですね。摩擦はお肌の大敵ですから優しくメイクオフできるのは、助かります。

そしてこのナイトジェル。最初、ジェルを塗った後の頬に手の平が吸い付くような感覚にびっくりしました。何度も確かめてしまうくらい(笑)。翌朝顔を洗うとき、ヌルっとした感触があって、肌表面にジェルが残っている感じもします。まるで、眠っている間中、ナイトパックしたみたい、しっかりした効果がありますね。

新しい「驚き」に、挑戦し続けてほしい

40歳で北海道から上京し、子連れの就職活動。何百社も受けて今の会社に採用されました。上京から数年は、関東の水が合わないのか、肌荒れに悩み続け、皮膚科の化粧品しか使えませんでした。その時の状態から考えると、今の肌コンディションの良さが信じられません。

私の仕事は、国際部門の事務と言っても、臨機応変な対応が必要で、業務の種類も多岐にわたります。一日の中で、仕事の優先順位を変えたり、急ぎの対応をしたりと、息つく間も無く時間が過ぎる日々、夕方になるとどうしても「疲れ顔」になりがちでしたが、MACHIKOに変えてから「いつも元気だね」と言ってもらえるようになったのがうれしいです。

浅井さんには、これからも女性の夢を叶えるような化粧品の開発にチャレンジしてほしいと思っています。そう、例えばできちゃったシミが消える美容液とか…(笑)!
肌のコンディションが良いと、気持ちも前向きになれるものです。そういう意味で、化粧品は、女性のさまざまな挑戦を助けてくれるものかもしれません。これからも常に、新しい「驚き」を私たちに与えてくれる化粧品として、MACHIKOに期待します。





●○スタッフより●○
少女のような笑顔とお肌の透明感が印象的な井上さま。MACHIKO以外の美容法は、たくさんのバスグッズを使ってゆったり楽しむバスタイムと、中学生の息子さんといっしょに行くコンサートだそうです。
お気に入りのアーティストはJ-pop中心。2人でノリノリで発散して、コンサートを満喫されるとか。実にうらやましいです。
撮影の最後に、記念に息子さんとのツーショットを撮ったときの、息子さんより照れた表情の井上さんが印象的でした。

<< 輝く女性たちVol.12輝く女性バックナンバー輝く女性たちVol.10 >>