MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.100
浅井満知子

MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。 記念すべきVol.100に登場するのは、A&People(エイアンドピープル)の代表取締役で、MACHIKOの生みの親でもある浅井満知子です。

自分の肌トラブルがMACHIKOを開発するきっかけとなったという浅井に、MACHIKOを使い続けて得られた効果、起業した経緯、翻訳業務で意識している他社との差別化などについて聞きました。

トラブルを解消&予防してくれるフラーレン
毛穴が目立たなくなり、シミの心配も不要に

 高齢出産で息子を授かり、また長い間不妊治療をしていたのもあり、ホルモンのバランスが崩れて、ひどい肌トラブルが続きました。それまで使っていたブランド化粧品から、ドクターズコスメに切り替えてみたのですが、どれも肌トラブルを解消できませんでした。そんな自分を鏡で見るたびに自信を無くし、人前に出るのも億劫に感じられ、仕事を辞めようかと何度も思いました。
長い時間悩んだ末に、あきらめる前に出来ることを挑戦してみようと、自ら効果の高い化粧品を作ることを思いつきました。 手前味噌になりますが、MACHIKOモイスチュアエッセンスに(たっぷり)配合されているフラーレンは、トラブルを解消するだけでなく、使い続けることでトラブルの発生も予防できる成分です。
今ではトラブルもおさまり、ファンデーションをつけない日も多く、「素肌もきれいだね!」なんてほめていただくことも増え、本当にうそのようです。  私の場合、ひどい肌荒れが落ち着き、保湿力が高まりました。また18歳から20歳ころまでのひどいニキビの影響で開いた毛穴が「全然目立たなくなった」と言われるくらいになりました。
仕事柄、ゴルフの機会も多く紫外線を一日中浴びながらプレーしても、今では日焼けもしなければ、シミもできないという嬉しい状況です。


つながりの大切さ、成果を上げる醍醐味を経験
女性がのびのびと仕事を続けられる環境をつくるために起業

子どもの頃から一生働きたいと考えていました。IT系企業、翻訳会社の営業職として、人と人のつながりの大切さ、努力や工夫を重ねて成果を上げることの醍醐味を経験。仕事をしながら大学院のMBAコースで学び、自分の力を試してみたい、北欧のように女性が出産後にも安心して仕事を続けられ、キャリアを形成できる環境をつくりたい、そう考えるようになり、A&Peopleを起業しました。
 翻訳会社はたくさんありますから、英語と日本語の置き換えの正確さだけでなく、お客さまの情報発信やコミュニケーションに役立つ成果物をご提供することで、他社との差別化を図っています。わかりやすく迅速にコミュニケーションを図るための「プレイン・イングリッシュ」の提唱もその一つ。これには、1文を20語以内にする、受動態はできるだけ使わないなどのルールが決められていて、内容がストレートに伝わりやすいという利点があります。アメリカでは広く普及していて、政治家の演説や企業の情報発信にも使われています。日本でもプレイン・イングリッシュの認知と啓蒙のために、A&Peopleでは上場企業のIR担当者を対象としたセミナーも開催しています。



MACHIKOの開発を通じて強くなった思い
女性が輝ける社会を実現したい

出産後、ひどい肌トラブルに悩まされ、消極的になっていた時期がありました。そんな状態から脱出するには自分で動くしかないと考え、ご縁もあって、未知の分野であった化粧品づくりに取り組みました。安全・安心で結果の出せる成分にこだわり、試行錯誤を繰り返して開発を進めていくうちに、働く女性を応援したい、女性が輝ける社会を実現したいという起業当時からの思いが、化粧品事業でもリンクし、一層強くなりました。
 この「輝く女性たち」では、自己実現に向かって頑張っている女性、壁を乗り越えて活躍されている方にご登場いただいています。私自身、毎回出演者からとても良い刺激をいただいていますし、キャリアを求める読者や、変わりたいけれど踏み出せずにいる人にとってのロールモデルとなれば何よりです。
今後も、「幸せとは何か」「豊かさとは何か」知的好奇心を忘れず、ビジネスもプライベートも、そして美しさも、どれもあきらめることなく、欲張りに生きていきたいと思っています。




プロフィール:

株式会社エイアンドピープル 代表取締役

 浅井 満知子

IT 企業の営業職、翻訳会社に転職後、1998 年に翻訳会社「エイアンドピープル」を設立。高品質な翻訳は業界内でも信頼が厚い。
現在仕事と子育ての両立に奮闘中。女性の職場におけるワークライフバランスの充実を目指すために組織の効率化を推進。
出産後、肌トラブルに見舞われ、既存の化粧品では解決できず、『結果を実感できる化粧品』を完成させるために、エイジングケアMACHIKOブランドを立ち上げる。
品質の証として自分の名前をブランド名に命名。



*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから













<< 輝く女性たちVol.101輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.99 >>