MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.96
中津留恵子

MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。 Vol.96に登場していただいたのは、銀座でアイラッシュ(まつげの美容)のサロン「ブリリアンス東京」を経営され、女性がいきいきと毎日を過ごせる美容の提案、提供をされている中津留さまです。

40歳で第一の転機を迎えられ、まつげエクステのサロンを開業された中津留さまに、MACHIKOの使い心地、アイラッシュの魅力、50代に入って感じられている第二の転機などについてお聞きしました。


美しさを追求しながらもシンプルなMACHIKO
安心して使えて、素肌の美しさを保てる

若い頃はずっとニキビに悩まされてきたので、スキンケアには人一倍興味があります。時間とお金をかけて、ようやく自分に合うアイテムやお手入れ方法がわかるようになり、ニキビや肌荒れから解放されました。  すすめられたものはとりあえず試してみようと思うタイプで、友人から聞いてさっそくMACHIKOを使ってみました。美しさを追求しながらもシンプルなオールインワンであることも、ベタつきのない使い心地も、私の好みにぴったりでした。MACHIKOモイスチュアエッセンスは、スーッと浸透してピタッとなじみ、翌日のお肌のハリが違います。成分にもこだわられているので、安心して使えます。厚塗りをしない清潔美を心がけている私にとって、素肌の美しさを保てるのが何よりです。



美しくなると、気持ちも明るく毎日が豊かになる
同性代の女性への情報発信も手がけていきたい

CA(客室乗務員)として10年間勤務し、お客さまの接遇を通して多くのことを学ばせていただきました。結婚を機に退職し、出産と離婚を経験して、40歳で子育てをしながら仕事を探すという第一の転機を迎えました。もともと美容に興味があり、その頃話題になり始めたまつげエクステの存在を知って、その魅力を多くの女性に伝えるためにサロンを開業したいと思ったのです。自分自身の感覚を大切にして、美しいと思うもの、素敵と感じるものでサロンづくりを心がけてきたところ、同じ感覚をお持ちのお客さまに集まっていただけるようになり、今年で10年目を迎えることができました。

 まつげが変わると目元がキラキラと輝きを増し、表情まで変わります。女性は美しくなると気持ちも明るくなり、毎日がより楽しく豊かになる。そのお手伝いができることに大きな喜びを感じています。お客さまとの会話の中で仕事や生活パターンをキャッチし、ご本人の魅力を引き出すのはもちろん、誰が見てもきれいというデザインをご提案させていただく、それが私のスタイルです。50代に入って、第二の転機を感じるようになりました。人生を山登りと考えると、これからは下りの道。今後は、必死だった上りの道では目に入らなかった景色を楽しんだり、登ってくる若い人たちを励ましたりできればと思っています。また、50・60代の女性が輝いて活躍できるような情報発信にも力を入れていくつもりです。



プロフィール:


アイラッシュサロン ブリリアンス東京 代表、美容家
中津留恵子


10年間ANAの客室乗務員を経て、大手エステ/アイラッシュスクールにて資格取得。 2008年にアイビューティーサロン”ブリリアンス東京”を開業。
美容アドバイザー、アイラッシュスクール講師、ビシセリアライフスタイルアドバイザー、 元ANA 客室乗務員、日本エステティック協会認定エステティシャン資格、SPCP会員、 JSAソムリエ資格




*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから







●○スタッフより●○
優雅で上品な中津留さまの雰囲気は、まるで女優のよう。しかし、お話を伺う際の眼差しはクールで瞳の奥からは強い意志を感じました。「サロンを経営して10年。試行錯誤の中で何もかも自分で決めて自分で背負ってきました。人生山あり谷あり。コインの裏と表は一体なように良いこととそうでないことは必ず同じく存在します。何かの苦難にあったときもいつも自分を見失わず冷静でいるように心がけています。」と。たくさんのご経験からその眼差しに光るものがあるのだと納得致しました。

何よりもお客様や周りのことを大事にされており「サロンに来て下さった方は、一日でも長くよいまつげのコンディションを維持して頂く様、施術の品質にはこだわっています!」と、どこまでもお客様のためを想いが満ちあふれていました。 一度お話したら間違いなくファンになる!そんな素敵なオーラを感じる中津留さまでした。

ブリリアンス東京 オフィシャルサイト:http://brilliance-tokyo.com/

 






輝く女性バックナンバー 輝く女性 Vol.95 >>