MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.5


5回目となる、MACHIKOご愛用者紹介コーナー「輝く女性たち」。
今回のご愛用者は、衣食住に関わる、販売促進・マーケティング・ブランディングを手掛ける株式会社スタイル&パートナーズ代表取締役大橋和代さまにご登場いただきます。昨年、ワッフル専門店を立ち上げられ、外食産業に参入。日本橋の地域交流活動に注力されるなど、コミュニティ活動にも尽力されています。



MACHIKOのクレンジングは驚きでした。
 私にとって間違いなく「一番」です。

仕事がら、スキンケア製品のサンプルをいただくことが多いです。いただいた物は、全て使ってみますので、たくさんの製品を試した経験があるのですが…一番です(笑)。
私にとって、このクレンジングは、これまで使ったものの中で一番と言えます。

最初は友人にいただいて、使ってみたのですが、はじめて使った時から、すっかり気に入ってしまいました。
それまで、クレンジングは、落ちの悪さや、使用感など、しっくりくるものがなく、ずっと困っていました。MACHIKOのクレンジングは、アイメイクやポイントメイクも、2度洗いせずにすっーと落ちます。
忙しくしている私には、手軽でぴったりのクレンジングですね。時々、たっぷりつけて、マッサージするように洗っています。
これも、「美容液のようなクレンジング」だからこそできることですよね。

「皮膚は内臓の鏡」。内面からもキレイにしたいですね。

企業の企画や広報を担当し、2001年にスタイル&パートナーズを設立、独立しました。社会に出てから、ずっと忙しい毎日で、自分のことを顧みる余裕もなく、正直楽しく疾走してきたのですが…数年前に体が「警告」を発してくれました。
大きな病という訳ではなく、強い肩の張り、疲れやすさなどを感じ、自分の生活に「根本的な問題」があることに気づきました。
私が取った対策は、食生活の見直し。
特別なことをする訳ではなく、朝一杯のお水や、野菜を採るように心掛ける、家では玄米を食べる、休日に生野菜で作ったジュースを飲むなど、シンプルで、体に優しい食生活を心掛けるだけで体調が変わってきます。
「皮膚は内臓の鏡」ですから、食生活の改善で体調が良くなってから、お肌のトラブルにも悩まされなくなりました。

「無理なく続けられる」を基本にしています。

会社は日本橋にあるのですが、「日本橋を盛り上げよう」と、「アサゲ・ニホンバシ」という地域活動の実行委員をしています。
この活動は、伝統が息づく街日本橋で、次の100年を見据えた「ワーカーによる街づくり」をしようというもの。朝から、100人を超える日本橋ゆかりの方々が集まり、有意義な交流をしてくださっています。

なんでもそうなのですが、無理はいけないと思うのです。それが、たとえ体に良いことでも、無理をすれば続きませんから。自分が続けられることを無理をしないで続けて行くことが大切じゃないのかなと…。
だから、食生活も、運動も、地域活動も、そしてスキンケアも、「無理なく続けられる」が基本です。
そういう意味で、MACHIKOは、私にとても合っています。シンプルなのが、何よりいいですね。
フラーレン入りのエッセンスも、効果を実感できるまで90日くらいが目安と聞いていますので、気長に続けて「素肌力覚醒」を待ってみようと思っています。





●○スタッフより●○
大橋さまは、昨年8月にワッフルとの「運命的な出会い」(ご本人談)を経て、わずか2カ月後の10月にワッフル専門店「トーキョーワッフル」を中野にオープンされました。
焼き立てのふんわりワッフルは評判を呼び、ファンが拡大中。「あたたかいワッフルひとつ分の小さなしあわせ」を広げていきたいと、事業展開を楽しげに「たくらむ」大きな瞳が印象的でした。
TOKYO WAFFLE
東京都中野区中野2-14-20(JR中野駅南口徒歩3分)
Tel:03-3384-1488
(価格:105円〜137円、種類:シュガー、シナモン、アップル、アーモンド、ショコラ、チーズ)

<< 輝く女性たちVol.6輝く女性バックナンバー輝く女性たちVol.4 >>