MACHIKOご愛用者紹介・輝く女性たちVol.79


MACHIKOをご愛用くださっているお客さまをご紹介する「輝く女性たち」。
2016年の初回となるVol.79に登場していただいたのは、20年以上にわたりコミュニケーションコンサルティングとして活動されている佐々木さまです。佐々木さまはVol.78にご登場いただいた佐々木愛梨さまのお母さまで、「輝く女性たち」初の親子でのご登場となりました。

佐々木さまには、英語を母語としながらもアメリカでカルチャーショックを受けたこと、グローバル化時代におけるコミュニケーションのコツなどについてお聞きしました。


普段はノーメークです。最近は目の下の小じわが気になってきたので、専用のアイクリームを使うようになりました。MACHIKOモイスチュアソープは、泡がとても気持ちよかったです。洗顔後、時間をおかずにMACHIKOモイスチュアエッセンスMACHIKOナイトジェルパックをつければいいので楽ですね。
 高校生の頃からヨガをやっていて、一時は週に3回ほどレッスンに通っていました。ここ半年ほどは朝に自己流で少しやる程度ですが、それでも体を動かすと気持ちがいいです。ランチは打ち合わせを兼ねて外食になることが多いので、そういう日は夜はサラダだけにするなど、体重管理にも気を付けています。

「違い」を知ればコミュニケーションはうまくいく
家庭と仕事の両立は、大変な時期はあっても難しいものではない

大学卒業後に東京で就職し、「日本流」の企業文化が身に付いていたので、ニューヨークに転勤した時にはコミュニケーションで苦労しました。日本では「××をやって」と言われれば「じゃ、あれとこれもだな」と次を読んで行動しますが、アメリカでは言葉に出して指示をしたことしかやってもらえません。そうした経験から、とくに多国籍の社員を擁する企業のコミュニケーションやチームワークに興味をもち、今の仕事に至っています。
 異文化コミュニケーションでとくに注意が必要なのは、日本の常識 自分の国の常識=世界の常識ではないと考える(オープンマインドを持つこと)、YES/NOをはっきりさせるの2点です。日本ではNOと言わずに曖昧に済ませがちですが、曖昧な発言は「なんで関係ない話をするのか?」と思われ、NOと言わない=YESと解釈されてしまいます。仕事は一生続けるつもりだったので、家庭と仕事を両立できるか?と考えたことはありません。子どもがまだ小さい頃は、時間のやりくりは大変でしたが、母親が社会で責任を果たしている姿を目にするのは、子どもにとっていい経験になったと思っています。嬉しいことに、娘も息子も自分の進むべき方向を見つけ、目指すゴールはまだ遠いながらがんばっているようです。息子は自分の生きがいのある、夢を仕事にしています。WOWOWのバスケットボールアナリストで、毎年NBA(US大リーグ)ファイナルでコートサイドからレポートしています。
娘は夢を掴むため、EMT救急隊員をやっています。



プロフィール:


Diane Walsh Sasaki
20年以上にわたり、日本を拠点に太平洋アジア地域でコミュニケーションコンサルタントとして活動。 グローバル企業で、異文化を持つ人達とのコミュニケーショントレーニングやチームワークの形成、異文化から起こる問題への対応の仕方を中心としてコンサルティングを行っております。
2006年にコーチングの資格(ICF)を取得。その技術を持って、顧客企業において将来を期待される職場のリーダー達に、多国籍従業員と共に業績を向上させる方策について指導を行ったり、管理職(C-suite)を対象にリーダーシップスキルを新しい文化圏の人や新しいチームへいかに伝達していくかなど、企業経営レベルでのコンサルティングも請け負っております。
過去にソニー株式会社の社員として、東京とニューヨークで国際広報のキャリアを重ねてまいりました。日本語は母国語レベルであり、英語同様に使いこなすことができます。


*お写真の花束は関屋紀子さま(Vol.16)主宰Floral Medallionとのコラボレーションとなります。

*画像の転載はご遠慮ください。輝く女性に関するお問い合わせはこちらから







●○スタッフより●○
2016年明けましておめでとうございます。昨年は29名もの素敵な輝く女性にご登場いただきました。今年はどんな輝く女性にご登場いただけるのでしょうか?ご期待ください! さて、2016年初回にご登場いただいたのは、佐々木ダイアンさまです。Vol.78にご登場いただいた佐々木愛梨さまのお母さまでいらっしゃいます。愛梨さまの取材時、ダイアンさまについて「尊敬すべき素晴らしい女性」とお伺いしご紹介いただきファミリー出演が実現しました。撮影時にダイアンさまがお召しになっていたきれいなグレーのニットは、愛梨さまご夫妻からのクリスマスプレゼントです。お姑さんとお嫁さんという間柄であり、ビジネスパートナーでもいらっしゃるお二人。母として、女性として、社会人として、お互いに尊敬し尊重し合うお二人は理想的なご関係でした。
株式会社ActionTalks 公式ウェブサイト (http://actiontalks.co/

<< 輝く女性たちVol.80 輝く女性バックナンバー 輝く女性たちVol.78 >>